*お天気病ってご存知ですか?


さて、梅雨の時期、

なんだかしんどい。。。
体が、だるおも~。。。
頭もなんかイタイよ~
肩がこる
めまいがする、
歯が痛い
古傷がいたむなどなど。。。
なんて感じること、多くないですか?

実際エリールでも、そんなお悩み多いです。

雨のせいかな。。。

そんな声もよく聞きませんか?
雨が降る前は持病の腰痛がいたむから、明日は雨、ってわかる!
なんて方もいらっしゃいます。

なんでなんでしょう??
それは・・・
お天気病
っていうのです。

お天気だと、高気圧、悪天候は低気圧、毎日天気予報をみていると、
やっとなんとなく覚えてきました河口です(笑)

気圧が低下すると大気からの圧力が低下し、体は膨張します。
(大気から全身を抑えつけている力が弱まる、というイメージ(>_<))

この膨張によって血管やリンパの流れが生む圧力(勢い)も低下するため、
体の組織がむくみ、いつもより血行不良を起こし
ズキンズキンと脈打つような頭痛や、神経が圧迫されて神経痛が起こったりして
体調不良となります。

また1hPa下がると頭痛などの体調不良を訴える人が64%も発生するそうです
低気圧=天気が悪いのが相場だから、
気持ち的にも、雨の日は憂鬱~なんて思いますが、
たった0.09気圧の違いに左右されるほど人間は繊細…ということですね!

反対にお天気の日は、高気圧の状態です。
高気圧とは空気中に酸素がたくさん含まれている状態です。
酸素が多く体に取り込まれると交感神経が優位になって体のエネルギーの代謝量を上げます。
そのため晴れた日はシャキッと目が覚めて活発に動けるようになるのです。

疲れた体は酸素量の減っている状態
エリールでは、高濃度酸素オイルでボディートリートメント!
大変好評で、マイボトルご購入も人気です♪
o2jpg

 

 

2015-05-30-22-34-58_deco

私たちの体の3分の2は水分です。
目、鼻、口、内臓、関節、皮膚、髪、血液など、

水分は体のあらゆるところに存在しています。
この水分が「気圧」に反応し不調となって現れます。
(余談ですが、私は前髪がめちゃ反応します。ふにゃーっとしてきた何時間後には雨が絶対降りますw)

でも、そんなん雨やったら
ずーーーーっとしんどいやん!(>_<)

ですよね?ですよね?
解消法はありますよ♪

●血行をよくする
有酸素運動などで、筋肉を動かしてみましょう!
また、歩くときに、大きめにしっかり呼吸してみてください♪
ストレッチなんかも有効的ですね♪
リラックス効果の高い、オイルトリートメントもおすすめ!

●自律神経を整える●
ゆっくり休む、ということも大事なこと。
睡眠が重要です。深い眠りを整えるには入浴もお風呂に浸かって、
というのもおすすめ。ラベンダー、カモミールなど、
安らぎ効果のあるアロマバスソルトなどを入れてみるのも、
気分の落ち着かせてくれます♪
シャワーでも、前の方に2滴、精油をおとしてみてください。
ふわ~~~っと香りがバスルームに広がり、
すんごくリフレッシュ&リラックスになるからとってもおすすめです♪

■自律神経には大きく2種類■
交感神経はストレス・興奮を感じやすい緊張状態
副交感神経はリラックスを感じる

●耳たぶマッサージ●
天気を感じるのは、耳の奥の内耳、という部分なんだそう!
内耳には聴覚はもちろん平衡感覚や姿勢を維持するうえで重要な器官です。
体のバランスを保っているリンパ液も流れています。
視覚聴覚から入ってくる情報と、リンパ液が与える情報が異なって、
脳がストレスと感じ、交感神経が興奮します。
また低気圧によって内耳のコンディションも低下し、
痛みやコリ、めまい・耳鳴りが頻発してしまうのです。。。

交感神経は痛覚神経と繋がっているので、
古傷や持病が痛み、悪化しちゃいます(>_<)

全ての人が持ってるようなのですが、
人によって刺激を感じる強さが違うので、
「雨の日でも全然平気♪」というかたも、
たくさんいると思います!

耳たぶを触ってみてください。

冷たければ、末端まで血流がいっていない!

★両耳一緒にやてください★

耳たぶを両手で、全体的に(根本までしっかり)包みこみ、
大きく後ろに回します。3回。

反対回りに大きく3回。

真ん中を持って、ぐーっとゆっくり横にひっぱる3秒~

耳たぶを痛くない程度につまんで、
下にぐーっとひっぱります。3秒~。

首の後ろの筋肉もゆるめられ、
首のつっぱりも楽になっていきます♪
(耳たぶマッサージは、気圧の変化による首や後頭部がつらい方、
締め付けるような頭痛でお悩みの方向けの解消方法になります。
耳鳴り、めまい、偏頭痛には効果はあまり期待できないかも、です)

——————————-
男性よりも女性の方が気圧の変化に敏感?影響受けやすい?

気圧の変化が自律神経の乱れを引き起こすのは、男性も女性も同じなのですが、
女性は男性と違ってホルモンの分泌の問題があります。
男性は思春期以降はホルモンの分泌はほぼ一定なのですが、
女性は月経があるため常に変化しています。
ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳の下垂体(かすいたい)というところなのですが、
ここは、自律神経をコントロールしている視床下部(ししょうかぶ)の支配下にあります。

つまり自律神経とホルモンのバランスは密接な関係にあります。
ホルモンのバランスが崩れたら自律神経にも影響が出るでしょうし、
その逆もあります。
そこに気圧の変化という要素が加わることを考えますと、
男性よりも女性の方が気圧の影響を受けやすいといえると思います。

自律神経が乱れている状況とは、
交感神経か副交感神経のどちらか一方に偏りすぎてしまっている事を意味しますので、
どちらかを優位にするのではなく、本質的には外から刺激を与えて
そのバランスを整えることが大事だと思います。

耳たぶマッサージは、副交感神経(リラックス)を優位にする
マッサージ♪
さらに「心地よい刺激」を与えることで、
その「心地よさ」から副交感神経が優位になることも期待できます。

簡単にできるセルフリラックス方法。
自律神経を整えたい、そんなシーンは
社会において数々ありますよね。

そんな風に感じたらぜひやってみてください♪